株式会社東京木材相互市場 創業60周年記念社会貢献事業 “カンボジア学校建設”笑顔のチカラをすべての人へ
株式会社東京木材相互市場 創業60周年記念社会貢献事業 “カンボジア学校建設”笑顔のチカラをすべての人へ
株式会社東京木材相互市場 創業60周年記念社会貢献事業 “カンボジア学校建設”笑顔のチカラをすべての人へ
この掘っ建て小屋の跡地に、今回のプロジェクトがスタートしました。
使用した木材だけでなく、合掌も用いた、建築様式も完全に日本スタイルの学校です。
基礎内の土入れを雨の日も休まず、村人が手伝ってくれました。
弊社の工場でプレカットした杉や桧が日本の港を出発します。
2つのコンテナから、大人から子供まで村人総出で搬出してくれました。
番付通りに土台、柱を配置していきます。
弊社社員の一級建築士兼大工と設計室長が指揮を執り、的確に作業が進められました。
杉野赤味が本当に綺麗。やっぱり無垢材のあらわしは素敵ですね!
小さなチビッコまで、ペイントのお手伝い。遊び感覚でみんなで塗りました。
開校式当日。前日までの作業が嘘のように出来上がりました。
開校式当日。前日までの作業が嘘のように出来上がりました。
Bakong郡の教育長から感謝状を戴きました。でもこの感謝状は、毎日手伝ってくれた村の若者たちのおかげなんです。
日本在住の心ある仲間から寄付して戴いた500本のボールペン、しっかり校長先生お渡ししました。
ジャポニカ学習帳でお馴染みのショウワノート片岸社長から寄付して戴いた1000冊のノート(総重量137kg!)、ひとりひとり手渡しです。
Bakong郡の教育環境の現状(~2013年現在)
今回建設した学校の規模